クマプー

すきま時間も手を動かす。

老化予防?

なんとでも言ってください。



c0330614_12495257.jpg


これ、クマのプーさん制作過程です。

いつ形になるでしょうか。



037.gif037.gif



[PR]
# by rurikonote | 2017-03-15 06:49 | 手仕事 | Comments(0)

rurikoとともに

さいきん、というか しばらく 

体調と心の調子がわるい私・・・

だから  手仕事もご無沙汰しております。


ねえ、ねえ  だいじょうぶ?  by ruriko

うん、たぶん・・・

遊んであげるね   by ruriko


c0330614_16075577.jpg




彼女は先月以来のダンボール箱がお気に入りで、私が帰るとこうしてスタンバっています。



c0330614_16092768.jpg


これは、私が寝ている胸の上に乗っかって毛布を噛み噛みしてコーコツの表情。


rurikoさんがいるから、毎日笑える。


楽しいけれど、少し胸が苦しいです。

降りてー。

[PR]
# by rurikonote | 2017-03-09 23:25 | 日記 | Comments(3)

七回忌

平成23年の震災の少しあと 3月26日に亡くなった父。

お寺さんの都合で、本日、お経をあげてもらいました。

神楽坂の善国寺さま。

朝から出かけ、11時少し前には終わりました。


同行してくださったmeguchansanとともに、お昼の精進落とし。


c0330614_16083140.jpg

限定20食の松花堂弁当。

炉端焼きやさんですが、さすが神楽坂、上品です。

とてもおいしい。


c0330614_16081272.jpg


いま、meguchansanのお宅はとても忙しいのに、私一人の法事に付き合ってくださいました。

黒真珠のネックレスをなさって、私よりよほど正装(笑)。

meguchansanは、場を和ませてくださる天才なのです。

お経で泣いてしまったわたしも、いつしか笑顔に。


夜、ご長男にこの写真をお見せしたら

「ふたりとも、ビール飲んでいる?」とするどいご指摘。


ばれた!!



[PR]
# by rurikonote | 2017-03-07 22:16 | 日記 | Comments(0)

いしかわさんに会いに

ああ、やっといしかわさんに会えるね。


c0330614_16090010.jpg

きょうも私をみつけてくれてありがと!!



c0330614_16084746.jpg
ごはん、おいしいかな。


先月と違うおじさんが、やってきて

「もっと、猫たくさんいたんだよ」

そう思う。

「役所がね、●分したんだよ」

ああ、聞きたくなかった・・・・

いしかわさんは、首輪をしているから、助かったのかしら。

たぶん、だれも飼っていないと思うけれど。


都会でも、ネズミや、ハクビシンなどがケーブルかじったり、伝染病を運んだり

そんな害は、野良猫さんたちがずっと防いできてくれたのにね。


いしかわさん、頑張れ。



ちなみに、うちのrurikoさんは、のんきに


c0330614_16091587.jpg

箱入りむすめしてます。





[PR]
# by rurikonote | 2017-02-28 23:23 | 日記 | Comments(1)

箱好き


猫さんはどうして箱好き?


毛糸を送ってきた箱をちょっとそのままにして置いたら、あら?


c0330614_14303992.jpg


なんでそんなに嬉しそうなの?

箱がおいてあるところ、寒いのに。

ね、遊ぶ?


c0330614_14304918.jpg

ちょっと遊んであげてもいいわよー   by ruriko


遊ぶって、手を噛み噛みするの?  027.gif008.gif


ちょっと… 痛いですけど。


私の手を噛んだり、ひっくり返って、キックしたりの大暴走。


c0330614_14305912.jpg




  お疲れの表情 041.gif041.gif


 それから、箱を出て室内をうろうろ。

 お水飲んだり・・・



c0330614_14311074.jpg



 あら・・・・

 amazon箱の寝室に入って、いつのまにかお休み 014.gif 037.gif

 ピンクのは、キャットニップの入ったおもちゃです。

 今晩の彼女の就寝は21:30 です。  早すぎ・・・・






[PR]
# by rurikonote | 2017-02-15 22:39 | 日記 | Comments(2)

手仕事の成果と人生の残り時間の記録


by ルリ姉