生きること

今、市川海老蔵さんの記者会見を見ました。

妻の小林麻央さんが、昨日亡くなったことの報告。

彼のブログで「人生の中で一番泣いた」と書いてあった。

私は、父が亡くなった時も、母が亡くなった時も、それほどには泣けなかった。

或る意味、彼のブログを不思議に思った。

 
今、記者会見で知ったのは、彼女は話ができなかった中で旅立つ瞬間に

「愛してる」と言ったとか。

それは泣くだろうなあ。

私の父母は最期の言葉がなかったから。

私は、それを聞かないでよかったと思っている。

海老蔵さんは、その言葉を一生かみしめて生きるのですね。


亡くなった人の何気ない言葉。

ふいに思い出すことがある。

不思議なことに、その時々に応じてか

言葉の意味は、違って響いてくる。


愛している

その直球なことばも多くの意味を含んでいる。

いつか、懐かしくほほえましく、気恥ずかしく

そんなふうに思い出せることを教えてあげたい。


そう思いながら、今、号泣してしまった。



こんな私でも

父が亡くなって葬儀の2日後に仕事があった。

母が亡くなった時も一週間も休んでいない。

表にいるときは不思議と元気なものだ。


でも夜になると

何度も過呼吸になり、

喘息の発作を起こし

挙句にインフルエンザになった(笑)。


悲しむときは悲しまないと体に出る。



海老蔵さんは、今忙しいから、なんとかなっているけれど

8月には長期休暇があるとか。

悲しみと責任とが健康に響かないといいな。


父の葬儀のときの若いお上人さまが

「おつらいでしょうが、一日も早く日常をとりもどしてください。

それが一番のご供養です。

それが生きることです」

とおっしゃっていました。





あ、私は麻央さんの高校の先輩です。🌺🌺 🍂



[PR]
# by rurikonote | 2017-06-23 15:17 | 日記 | Comments(0)

今日もお出かけ

 

日曜日ですけれどね、お姉ちゃんはお出かけです。

さっきまではしゃいでいたrurikoさんは、ふてくされて・・・


c0330614_13242963.jpg



なんか、物悲しい雰囲気を醸し出しています。 う、演技派 (笑)


c0330614_13244237.jpg



 ” 泣かないもん・・・がまんするもん・・早く行けば・・” by ruriko


ごめんね。帰ってきたらまたこちょこちょしてあげるね。




c0330614_13235286.jpg

東京郊外の 某コンビニ。

とってもいい写真が飾ってあります。オーナーさんの趣味かしら?

先日来たときは、↑ でしたが、今日は


c0330614_13241119.jpg


ねえ! 大きくなりましたね。一羽も欠けずに・

かわいらしい・・・


ほんの一時間ほど電車に乗ると、こんな光景に出会います。




[PR]
# by rurikonote | 2017-06-18 22:20 | 日記 | Comments(0)

エレガントなブラウス


シャツカラーのブラウスがとても似合っていたのよ、

だらしない雰囲気の私が、ちょっとピリッとして。

でも、年取ると、なんか雰囲気ちがってきた。


c0330614_12325044.jpg

次に好きなのが、ドレープカラー。

スラックスでもエレガントブラウスを着るのが私の流儀になりました。


126.png








[PR]
# by rurikonote | 2017-06-15 07:34 | 手仕事 | Comments(2)

ノンアル


あんまり疲れすぎちゃうと、アルコールも飲みたくない。

でもね、いきなりお食事もなんでしょ。



c0330614_12323507.jpg



ビールの味に限りなく近い、さらっとしていてくどくない。

たまにはいいですよ。   167.png167.png






[PR]
# by rurikonote | 2017-06-14 21:31 | 日記 | Comments(0)

おすすめ本


最近、趣味の読書が復活してきました。

仕事や資料は読み通せるのですが、趣味的なものは集中力を欠いて

読み通すことが難しかったのです。

いろいろ復調の予感です!!

最近のおすすめはこれです。↓



c0330614_15285554.jpg

本の表紙がコミックみたいですが、小説です。

大人のための小説です。

娯楽小説? ミステリーとうたってありますが、どちらかというと、時代物のファンタジー。

でも荒唐無稽ではなく、そんなこともあるかなという範囲のものです。

電車の中に大きく広告が出ていたので買ってみました。

読みなれないジャンルなので2、3日の隙間時間で読みました。


泣けました。


子を思う母の気持ち。

親を慕う子の気持ち。

一途な恋心。

特に、恋心なんて、もどかしさを思い出させてくれます。

みんなを幸せにしたいという人間愛。


作者は私とあまり年の変わらない女性のようですが、

本当に内容の濃い作品です。


どうか、ごらんあれ。






[PR]
# by rurikonote | 2017-06-14 15:18 | 日記 | Comments(0)

手仕事の成果と人生の残り時間の記録


by ルリ姉
プロフィールを見る
画像一覧