ホビーショーで得たもの


今年もまた行っちゃったの。

ホビーショー。




c0330614_15505843.jpg
 有明の東京ビッグサイト。

手仕事好きには楽園か、地獄か。

いろいろ買いたくもなるしね。

私は、主にワークショップの体験です。


洋服も縫ったし、

ミシンをかけて小物も作ったし。


でも今回は、ビーズのアクセサリー作りが楽しかったです。


c0330614_15504880.jpg

これが、その戦果。

ブローチは、たいしたことないの。

糸に通してあるビーズを編んでいくだけ。

15分でできました。


ネックレスの方は、2時間のワークショップ。

基本的には糸に通して、緩まないように締めるだけなのですが。


c0330614_15505518.jpg


いかだみたいなところがあるでしょ。

そこは、細長くて穴が3つ開いているビーズを編むようにするの。

それが少し難関。


6人ひとグループなのですが、一番早く形になっていきました。
(ちょいと自慢)

三分の一くらいは自宅作業になるのですが、

これは面白かったし、

ちょっと、お外にしていけるかしら。


ホビーショーもかれこれ5年くらいは行っています。

ワークショップの遊び方も少しは上手になりましたかしら。





[PR]
# by rurikonote | 2018-05-02 15:17 | 手仕事 | Comments(2)

貧者の一灯

貧乏は恥ずかしいことではない

貧乏を恥ずかしいと思うことが卑しい


尊敬する恩師のことばでした。

でもその格差は厳然とあり、

私が気づかなかっただけなのでした。

(よくわからないけれど)格上の人から見れば

私はかわいそうな人間らしかったのでした。

やはり、少し泣いてしまいました。

いえ、結構泣いてしまいました。

自分の感情が正常な反応なのか、

不似合いなプライドなのか不明ですが。

こういう時、判断を誰かに仰げないのは困ります。


でも、自分を下に置いておいたほうが楽なのよね。

分かってはいるのですが。


母が知ったら、

そんなことで泣くんじゃないと私を叱るでしょう。
 
亡き父が知ったらなんというでしょうか。

きっと、シニカルに笑うでしょう。

いいんだよ、貧者の一灯   とね。


111.png128.png
[PR]
# by rurikonote | 2018-04-29 06:07 | 日記 | Comments(2)

美しくなるクスリ


この一年

目のトラブル

歯のトラブル


お肌のトラブル・・・・


母がよく言っていた

寄る年波  の言葉が突き刺さります。


数日前に見た母の夢は、

白い素晴らしいレースのブラウスを着ていた。

母が47、48歳くらい?

いつもどおり、イヤリングをして、タイトスカートをはいて

お出かけの準備でした。

「おかあさん、髪を切ってすてきになったね」

母は、少し表情を作って鏡を見ていた。


このころ、

「おかあさん、美人ね。あなたと全然似ていない」

とよく言われた。


母のいきいきしていたころ。

夢の中ではめずらしく、声もよく聞こえた。


もどりたいね。

あの頃に。




c0330614_16162812.jpg


アンチエイジングの有名な美人ドクターに、

VCスティックと、ハイドロキノン入りコンシーラーを頂戴する。


どちらもお顔のシミ対策。

VCスティックをごしごしつけたら、少し赤くなっちゃった。

消しゴムじゃないのだから、もっとソフトにしなくてはね。



[PR]
# by rurikonote | 2018-04-25 06:27 | 日記 | Comments(2)

いっしょにいようよ。


ここ、2週間くらい毎日外出しています。



c0330614_16155882.jpg
rurikoさんが、無言の抵抗。

私のサブバッグに乗っかっています。


ほんとに、彼女は声を出さないの。

そして、ちょっと寂しそうに、はにかんだように、視線をはずすの。


ごめんね。


[PR]
# by rurikonote | 2018-04-23 22:24 | 日記 | Comments(2)

すてきなお針箱

立体刺繍の先生 アトリエfilさんの展示会に行きました。

表参道の会場です。

こじんまりしていますが、明るくてすてきです。


今回のテーマはお針箱


c0330614_16154399.jpg

ご案内の葉書にもあった写真ですが、かわいい。

ハリネズミ君の針仕事でしょうか。


c0330614_16161627.jpg


これは、うさぎさんの顔の角度がかわいいですよね。

どうぶつの刺繍は、目鼻のほんの少しの位置の違いで表情が変わってしまいます。

この見上げる先のブドウが立体刺繍です。

フレンチノットなのでしょうが、私が刺すと大きさがめちゃめちゃになってしまいます。



c0330614_16153892.jpg


なによりすごいのが、こちら。

バラが全部、ぽんと置いたように浮き上がっています。


それより、この口金を付けるのが大変なのです。

私の不得意科目の連続。


最終日の夕方でしたから、少しあわただしかったのですが、

先生方にご挨拶もできました。


これもお仕事と思うと、優雅なばかりではないかな。

最近、私自身が疲れているので、余計なことを考えてしまいます。


かんたんそうなキットを二つ買いました。


いつ、できるのかしら・・・・




[PR]
# by rurikonote | 2018-04-22 21:13 | 日記 | Comments(2)

手仕事の成果と人生の残り時間の記録


by ルリ姉
プロフィールを見る
画像一覧